映像制作とマルチディスプレイ

映像制作とマルチディスプレイ

映像制作とマルチディスプレイ 映像制作を行う際は、マルチディスプレイ環境があると便利です。
例えば、1920x1080ドットのディスプレイを1台使い、同じドットのフルハイビジョン映像を編集しようと考え、映像編集アプリケーションから映像ファイルを開くと、元の映像がウィンドウに合わせて縮小された状態で表示されるのと共に、選択やカットと言った編集作業をするためのインターフェイスが元の映像に被る形で表示されるため、一旦インターフェイスを停止して、映像をフルスクリーンで表示してから加工後の映像を確認すると言うプロセスが発生します。
短編の映像作品ならまだしも、長編ともなれば、その都度行わなければならない操作が作業能率の大幅な低下に繋がります。そんな時は、マルチディスプレイ環境があれば、ディスプレイ1にフルスクリーンの映像を常時表示して確認しながら、ディスプレイ2に作業用のインターフェイスを表示させるという方法もあり、映像制作の作業能率が、大幅に向上します。

パソコンでの映像制作と音源の編集

パソコンでの映像制作と音源の編集 以前の映像制作は専用の機材が必要でした。 それこそスタジオ単位の巨大な専用機材が不可欠であり、かなり大規模な投資が要りました。ところが最近ではパソコンとそのソフトウェアさえあれば、基本的な映像制作の仕事は進められます。依然として撮影用のビデオカメラとテープ、あるいはハードディスクドライブは必要ですが、編集作業はパソコンだけで可能となり、小規模な企業でも十分取り組める仕事となりました。
パソコンでデジタル的に処理、編集する事が可能になったため、マスターテープを必要以上に大事にする義務感から解放されました。また複製やアレンジ、保存が楽なのもデジタル化の良いところです。
また音源の方もパソコンで編集したり、アレンジする事が出来ます。野外で録音した音楽や音声は、雑音が入ってしまう事がしばしばです。しかし、後でパソコンソフトでデジタル処理すれば、人の声や大事な楽器の音色は綺麗に残し、なおかつ無駄なノイズだけで除去出来ますので編集作業がとても楽になりました。