映像制作での音声の加工

映像制作での音声の加工

映像制作での音声の加工 映像制作では、映像のクオリティだけではなく、音声処理のクオリティも求められます。映像は音楽や効果音などがあってはじめて、生き生きとしたものになるからです。
またナレーションを挿入したり、セリフを入れ替えたりといった編集も必要になってきます。その他、音声信号そのものの加工や、雑音の消去といったテクニックも重要です。映像制作の分野には、セミナー映像の編集などもあり、インターネット上のサービスとしても年々需要が高まっています。
そのため未経験者よりも、音声加工のスキルを持っている方が、映像制作会社への転職には有利です。映像制作に関係した求人はもちろんですが、音声加工専門の求人も多くあります。一般的に、経験者や加工ソフトの使用が可能な場合は優遇されます。
クリエイティブ業界に強い派遣会社や転職エージェントも複数あり、登録すれば最新の求人情報が手に入ります。マッチングした企業からスカウトメールをもらうことも可能です。

映像制作とインターフェース

映像制作とインターフェース 映像制作において重要なインターフェースは、一連の流れの中で2箇所存在します。1つは映像撮影の際に必要となる機器、もう1つは撮影素材を編集して仕上げる為の端末やソフトウェアです。従って両者の性能・機能は勿論の事、データの移行や映像レベルの維持がしっかり行われる必要があります。
そこで必要となるのはまず、撮影においてはブレや音量を補正する機能と、解像度の高さです。良質な映像をコンスタントに提供出来る事で、編集後の仕上がりにも深く関わって来ます。
そして編集においては編集前後の仕上がりをしっかり確認する為に、マルチ画面での映像編集ソフトが欠かせません。そして画面同士をスムースに遷移するマウス等の操作デバイスや、複数画面を一度に立ち上げる負荷に耐える為の相応以上のスペックを有する端末も欠かせないと言えます。
端末については、基本的にはPCを映像制作には使いたいところです。スペック面はノートでも足りる可能性がありますが、インターフェースとしての使い易さを確保する為にも、出来れば大画面サイズのものを用意したいところです。