結婚式の映像制作

結婚式の映像制作を友人に依頼する際の注意点

結婚式の映像制作 結婚式と言えば、新婚夫婦が主役の一大イベントです。新しい人生の門出であり、幸福なライフスタイルの入り口です。また最近では自分たち独自でアイデアを出してあって、世界の一つだけの結婚式を進める事がトレンドになっています。
定番の結婚式では退屈、自分たちの個性を式場で出したい、そう考えるカップルが増えてきました。友人に映像制作を依頼して、夫婦のPVを式場で流そう、と企画するカップルも増えてきているようです。
映像制作が得意な友人に依頼すれば、コストはゼロ、あるいは格安で済みます。パソコンやビデオカメラに詳しい友人がいれば、そんな時、大助かりです。ただし注意点もあります。依頼した人がいくら映像制作に詳しくても、アマチュアであれば、品質に大きな期待をしてはいけません。
また親戚や仕事先の人々といった、不特定多数の人々が訪れる場所ですので、仲間内だけで通じるジョークや内輪ネタを、映像制作に織り込みすぎると、せっかく訪れてくれた人々をドン引きさせる事になりますので、依頼する際はあくまでユーモアは控えめにして、とお願いすべきです。

映像制作の会社選びのポイント

映像制作の会社選びのポイント 映像制作の会社選びのための一番大事なポイントとしては、自分たちが作りたいコンセプトの映像をこれまで作ったことがあるかということが大事になってきます。いくら名前が知れ渡っている映像制作の会社であっても、得意不得意があるための、場合によっては自分たちが求める映像を作成できない可能性があるのです。
それで多くの場合には、代替案で、私たちであれば別にこのような映像ができるがどうかといったことを持ちかけられて、代替案におちついてしまうといったことがあります。せっかく会社に依頼するのですから、妥協はしたくはないものです。
そのため、まず自分たちがどういったコンセプトの映像を作るかといったことを明確にさせた上で、映像制作会社のこれまでの実績をみせてもらい、自分たちにあうようなものをこれまで作ってきたのかをチェックすると良いです。
そうすれば、満足のいく最高の映像を制作することができて、依頼する側も依頼される側もウィンウィンの関係を作ることができます。